未成年者が賃貸マンションを借りるためには

未成年者であっても賃貸マンションを借りたいと思うことはあります。学生であれば、本人が借りることなく、名義を親などの法定代理人にして、借りればいいのですが、例えば独立して就職したときなどは自分名義で借りたいと思うものです。高校を卒業して、キチンとした定職に就いているとしても、実は未成年である限りは契約を断られることがあります。あくまで可能性ではありますが、とにかく貸し手にリスクがあるからです。出来ない、ということではないのですが、相手が一方的に破棄できる権利がありますから、あくまで法定代理人の同意を得てからやりたいのです。逆を言えば、法定代理人の同意があれば、通常の契約とまったく変わりないですから、貸してくれるのです。

むしろ、しっかりとした保証人がいれば、そちらを信用して貸してくれることもあります。大抵は、法定代理人が保証人になります。もちろん、例外はありますが、大抵の場合はそうすることになっています。お金がかかることではありますが、保証会社にお願いすることもできます。但し、法定代理人の代理にはならないですから、あくまで保証人として使うことができるだけです。未成年であると商行為、契約というのは、かなり制限されてしまうのです。賃貸物件を借りるのも立派な契約なのです。
Copyright (C)2017東京でも安い賃貸物件があるところ.All rights reserved.