できるだけ安い賃貸を見つける方法

賃貸の家賃を低く抑えたいと言う方もいらっしゃるでしょう。低く抑える方法はいくつかあります。まずは物件と駅からの距離に注目します。駅からの距離が遠くなると、家賃は安くなります。ただし、あまり遠くなりすぎると通勤が大変になってしまいます。どれぐらいの距離が良いのでしょうか。理想は5分から10分ですが、そういった物件の家賃は一般に高めなので、駅から15分から20分の物件を探してみましょう。これぐらいの時間だったら、歩いてもそれほど負担にはなりません。

もう一つは物件の古さです。古い建物ほど、家賃は安くなります。例えば、築30年程度の建物だったら、相場よりかなり安いことがほとんどです。ただしあまり古すぎるものは避けた方が良い場合があります。古い建物は地震や火事に弱いものです。特に地震の多い地域だったら、あまり古い建物は避けた方が良いでしょう。1981年に耐震基準が施工されました。この年が地震に対する建物の強さを調べるときに参考になります。一般に1983年以降に建てられたものだったら、新しい耐震基準に基づいて建てられており、地震に強いと言われています。

1981年から1982年に建てられた建物は、新しい耐震基準に基づいている可能性もあるのですが、そうでないこともあるので、1983年以降に建てられたものを選んだ方が無難です。
Copyright (C)2017東京でも安い賃貸物件があるところ.All rights reserved.