賃貸契約に必要な費用について

賃貸契約をする際には、敷金や礼金などといった初期費用がかかります。初期費用には敷金、礼金の他に、仲介手数料や前家賃、保険料などがあり、初期費用の目安は家賃5、6ヶ月分と言われています。関西では敷金、礼金の代わりに敷金、敷引きを支払うことになります。

敷金とは修繕費用や家賃滞納に当てられるお金で、退去時に返還されることがあります。礼金は大家さんに支払うお金で、謝意を込めて支払うものです。敷引きは関東の礼金みたいなもので、退去時に返還はされません。仲介手数料は不動産会社に支払う紹介料で、家賃1ヶ月分が多いです。

前家賃は入居開始月の家賃で、家賃の支払い方法が前家賃になっているときに、翌月の家賃を契約時に支払います。月の途中からの入居の場合、日割り計算で支払うことになります。保険料には火災保険や家財補償、修理保証といった補償を得るために加入することが義務になっている場合が多いです。初期費用には他にも保険会社が保証人の代わりになる保証会社の利用料金や入居するときに鍵を新しいものにする鍵交換費用などがあります。不動産会社によって必要な費用は異なりますが、引越しをする際には多くのお金がかかりますので、どのくらいお金が必要なのか予め知っておきたいです。
Copyright (C)2017東京でも安い賃貸物件があるところ.All rights reserved.