賃貸仲介業者とは何かについて。

賃貸仲介業者とは賃貸アパートやマンションなどの大家様と契約し、お客様と大家様の仲介者になっている業者のことです。大家様の立場から考えると、所有しているアパートやマンションに空き部屋があってしまっては収益をあげることができなくて損をしてしまいます。そんな時にお客様を紹介するのが仲介業者です。ですから簡単に言うと、大家様とお客様の仲介者です。

仲介業者は基本的に自社で物件を所有していないので経営するにあたってリスクがあまりないです。初期投資がほとんどかかりません。ですが、大家様と契約を結び、お客様に紹介できる物件をたくさん所有していないといけません。大家様の中には、仲介業者に頼らない人もいます。ですからそこが営業職の力の見せ所だと思います。紹介できる物件が多ければ多いほど、お客様にも喜んでもらえます。

この仲介業者というのは、大家様にもとってもお客様にとっても非常に良いと思います。大家様も空き部屋をつくらずに済みますし、お客間も希望の物件を探しやすくなります。そして仲介業者も仲介料を頂くことができるので、ウィンウィンウィンの関係が成立していると思います。全ての人にメリットがあるビジネスなので非常に良いと思います。
Copyright (C)2017東京でも安い賃貸物件があるところ.All rights reserved.