いわく付きの賃貸物件に引っかからないために

賃貸物件の中には時々相場と比べると明らかにおかしい程家賃が安いという物件が見つかります。そうした物件はいわく付きであり、過去に何かしらのことが起こったからこそ、そうした設定にされているのです。家賃が安いという利点があるといえど、入居者からすればそうしたところへと気持ちよく住めるわけではないので、出来れば回避をしたいところです。ただ、逆にいえば気にしなければ安い家賃で部屋に入居できるということではあるのです。

こうした物件の場合、管理している人間はその部屋を貸す際にそのことを説明しなければいけません。もしそうした物件であると隠したまま契約をすると法律違反になります。これは入居者本人が聞く聞かないに限らず説明しなければいけないことなので、これでその物件がそういうところかどうかは分かるようになります。ただこの義務も実は落とし穴があり、何かあった際の次に入居する人間にだけ説明する義務があるということです。なのでもしその入居者が何事もなくそのまま退去した場合に、園月に入居してくる人には説明をしなくてよいということになっています。よって実は説明がないからといって安心ができないということになっているのです。そうした意味では説明だけを頼りにするではなく、家賃の他に評判等の情報を集めて本当に大丈夫かどうか判断をしましょう。
Copyright (C)2017東京でも安い賃貸物件があるところ.All rights reserved.