良い賃貸物件を見つけたいなら

優良賃貸物件に出遭うためには良い営業担当者を見つけることです。良い営業担当者とは第一に「誠実であること」です。その場しのぎのコメントを連発しない、物件に対してメリットもデメリットも教えてくれる、そういった担当者を探せたら一社にきめても良いですがなかなかいないのが現実ですね。その場合は必ず不動産会社を一社に絞らず複数の会社を廻りましょう。

また重要なポイントは「内見」です。お部屋を見に行くことを指しますが、見なければならないのはお部屋だけではありません。建物の外観や立地などの周辺情報も見ておかなければなりません。そのためには不動産会社の営業者で行くのではなく、出来れば現地で落ち合うようにするとよくわかります。それが無理ならば気に入った物件を見つけたらそこで車を降りて帰るなどするとゆっくりと周辺を見ることが出来ます。営業車での移動は楽ですが、自分のペースで見ることが出来ません。

そして一番大切なのが内見の当日に契約しないことです。内見の間に担当者は様々な語りかけを行います。その中には人気の物件だとか、今日ならキャンペーン中だとか急ぎたくなる話しもあるでしょう。しかしそこをグッと我慢して一日考えましょう。本当に自分にとって希望が叶っている物件なのか冷静な判断が優良物件への近道です。
Copyright (C)2017東京でも安い賃貸物件があるところ.All rights reserved.