賃貸契約をおこなう上で

マンションを借りるため、不動産会社と賃貸契約をしようと思っていて、不動産会社より、手付金を支払ってほしいと言われるケースがよくありますが、手付金とはなんなのでしょうか。手付金とは契約を締結する際に、当事者間で授受される金銭のことをいいます。マンションの部屋を確保するにあたって支払うお金のことです。

払うべき手付金は、不動産会社によってそれぞれ違います。およその相場としてじゃ、家賃の10%前後です。手付金は、正式契約の前に支払うものです。マンションを借りる人は、支払った手付金を放棄して契約を解約することができます。また、マンションを貸す人は手付金の倍額を支払えば、契約を解約することができるのです。

ただ、マンションを貸す人から鍵を受け取るなど、相手方が契約の履行をひとたびはじめれば、キャンセルはできなくなります。また手付金が家賃の10%を下回るようなわずかな金額である場合は、契約したとの単なる証拠にすぎず、手付金とみなされないこともあるので、不動産会社によく確認する必要があります。不動産会社では手付金のことを申込金、内金、預り金とよぶこともあります。なんにせよ、お世話になった不動産会社へのお礼と考えればいいでしょう。
Copyright (C)2017東京でも安い賃貸物件があるところ.All rights reserved.