賃貸の敷金トラブルとは

賃貸でよく問題になるのが退去時の敷金に関してのトラブルです。賃貸マンションの賃貸契約を締結するときには、「敷金」「保証金」をというものを大家さんに預ける必要があります。このお金は、部屋を退去するときに入居した当時と同じような状態なら返金してもらえます。しかし気を付けて使っていたのに、退去するときにまったく返してもらえなかったり、一部しか返してもらえない事が多いのです。このため、「敷金は返してもらえないもの」「敷金はちょっとでも返してもらえたら御の字」と言う認識が広まっているようです。しかし、国土交通省が作ったガイドラインによると、不必要に部屋を破損した場合を除いて、自然に劣化した部屋の修繕費は、借主が負担する義務はないと定められています。

どんなものでも長年使っていれば劣化していきます。賃貸の部屋もそうです。壁紙が黄色くなったり、ベランダの手すりがさび付いてきたりします。そのように「経年変化」した場合の汚れは、敷金の対象にはならない決まりがあるのです。しかし、借主が故意に壁や床、ガラス、設備などを破損させてしまった場合は、敷金から修繕費に充てられ、場合によっては追加で費用が請求されます。
Copyright (C)2017東京でも安い賃貸物件があるところ.All rights reserved.