賃貸の画鋲はどこまで許されるか

賃貸マンションやアパートでは、画鋲や釘で壁を傷つけてはいけないところが多いです。入居する前に壁を見て、画鋲のあとが見あたらないようなところは厳しいと思っていいでしょう。床の擦り傷と同じと見なす大家さんもいますし、きちんと請求されることもありえます。でも最近では、画鋲くらいならOKのところも増えてきたようです。築年数が古いアパートほどゆるいことも多く、そういうことを気にしない人が入居するような物件もあります。古くても壁に傷をつけると弁償という物件もあるので一概には言えません。

入居のときに、壁に画鋲や釘のあとがあったから自分も画鋲を使ったら修繕費をとられた、などということがないように、証拠の写真を撮っておくのも必要です。できることなら、大家さんに立ち会ってもらい、画鋲を使っていいか聞いてみましょう。「壁紙を貼り替えるつもりだからOKですよ」ということもあります。でも、もし画鋲OKの許可をもらっても、あまり人様の物件にブスブスと穴をあけるのは人として気が引けます。最近は鋲の先がくの字になっていて、穴が目立たないタイプの画鋲もあるので、そういうグッズを使ってなるべく穴が目立たないように工夫したいものです。
Copyright (C)2017東京でも安い賃貸物件があるところ.All rights reserved.