賃貸物件の入居審査の違いについて

賃貸物件を借りる際には入居審査が必ずあります。入居審査に通らなければ要望した物件には入居できません。物件によって入居審査は違います。不動産会社や物件ごとに入居審査の提出書類や保証人などの条件が異なる物件があります。どのように違いがあるのでしょうか。入居審査には賃貸申込書の記入の他に、身分証明書を提出します。その他前年度の所得証明や連帯保証人の所得証明などを提出しなければいけない物件もあります。

基本的には入居審査は最終的にはオーナーが決定しますが、不動産管理会社へ入居審査から管理まで全て任せているオーナーも多いです。その場合、不動産会社は家賃管理もすることになるのでリスクを防ぐために連帯保証人だけでなく家賃の保証会社の加入を必須にしているところが多いです。その場合保証会社の審査には所得証明や在籍確認、緊急連絡先の提出などを求めるところが一般的です。保証会社の中にはカードの信用調査などもします。

一方、昔ながらの大家さんが自分で家賃を管理しているような物件は大家さん次第ということも多いです。大家さんは人柄を見ますので、少ないですが面接のある物件もあります。大家さんは長年の勘で共同生活を営めるか、家賃をきちんと支払ってくれるのかを見ています。面接がない場合でも、長年の付き合いのある不動産会社の営業マンに良い人かどうかみてほしいと要望しています。
Copyright (C)2017東京でも安い賃貸物件があるところ.All rights reserved.